まっさんのブログ

エンジニアから、編集・ライターになりました。

IchigoJamを組み立てて、BASICでプログラミング的な!!!

f:id:toyosge:20150913163930j:plain


GEEKSCHOOL × IchigoJam 

GEEKSCHOOLは就活生のための、急成長のためのエンジニア養成塾...らしいのですが

今回は就活生だけではなく、中学生やおじさんもいるオープンな勉強会となりました。当日の流れとしては以下の通り。

  • IchigoJamの超簡単な説明、ほとんどjust do it 的な話。
  • 説明を受けながらはんだ付け
  • おのおのBASICでプログラミング(僕は音を出して遊びました)
  • おのおの解散

そもそもIchigoJamとはなんぞや....と思ってググったら以下のサイトに説明がありました。大人な方々にとっては昔を彷彿とさせるような品物らしいですね。

 

およそ30年前の事……パソコンという名前はあったものも、マウスはなく、キーボードをカチャカチャ操作していました。画面は通常文字ばかり。色数も少なかったのです。その時よく使われていたプログラミング言語BASIC です。更にそこから数年前だと、「マイコンキット」という名前で組み立てから行う時代でした。今のパソコンは当時とは比べ物にならない性能の違いですが、不思議とあの頃の良さを感じる人もいるでしょう。あの頃を再現できたら……それを実現させてくれるものが誕生しました。それが こどもパソコン IchigoJam です。

 

だそうです。興味がある方はぜひ。

 

IchogoJamづくりスタート!

まずは中に入っているものの確認をしましたが、僕のは抵抗の種類が一つ間違っていました。会社にストックがあったからよかったものの、一人で家で購入しているときにこういうトラップにハマると萎えますね完全に。

f:id:toyosge:20150913163814j:plain

 

中学生?高校生?ぶりにはんだに触りました。あの訛りがプシュプシュってなる感じがたまらないですね!!!はい。子供さんは大人と一緒にやりましょう。危ないので。 

f:id:toyosge:20150913163821j:plain 

CPU、クリスタル、抵抗、ビデオ出力のやつ、USBの電源のやつ、LED、ボタン、電源スイッチ、キーボードからの入力のやつ、などをハンダでくっつけました。いい感じにくっついてます。

f:id:toyosge:20150913181830j:plain

 

 完成したら、製品テストというか動作確認ですね。彼は僕の同期のベトナム人ですが、彼のもしっかり動いています。下の写真では、PRINT にダブルクオーツが必要な説明がなかなか伝わらずにシンタックスエラーを出しまくってる様子です。

f:id:toyosge:20150913163844j:plain

 製品テストのあとは、おのおの音を出したり、ゲームをつくったりして遊びました。IchigoJamはコンピューターと仲良くなるいいチャンスだと思います。子供さんに、コンピューターサイエンスの初学者に、若き頃を思い出したい大人に、いろんな人が楽しめそうですね。

 

感想

個人的には、久しぶりのはんだづけでテンションが上がったのと、作り終わってディスプレイに表示できたときの感動があっていい感じでした。ほとんど身内の人だったのと、子供さんが一人しかいなかったのが残念です。楽しいと思うんだけどな〜ゲームとかより楽しいと思うんだけどな〜

僕くらいの若い人(というか勉強をさぼってきた人)になると、こういうハードの部分っていうのはまったく意識せずにパソコンちゃんが使えてしまうので、CPUとかクリスタルがなにをしてるのかとかって正直どんなものかわからなかったでし、いつかは学びたいな〜でもきっかけがないな〜と思っていたところです。

本で読んだだけだとやっぱりリアリティーがないというか、自分は目で見たい方なので、IchigoJamはそういう点でもとっつきやすいキットだと思います。 

電源はAndroidスマホと同様のUSB端子ですし、出力はテレビ端子なので、テレビがあればすぐ写すことができます。キーボードはPS2規格(USBじゃないやつ)なのでもしUSBのキーボードをお持ちの方は、変換プラグ的なものを購入していただく必要がああります。

 

 

終わりに 

記事一回で終わってるじゃんと、facebook4jな先輩に言われたので、久しぶりに更新してみようと思った次第。僕はエンジニアとしてほんとにポンコツなので、毎日学ぶことが多いです。学ぶことが多すぎて、どの辺をどういう風にまとめてブログに書こうか!みたいな時間も取れなかったですし、ブログ書くのに結構時間をかけてしまうタイプです。(誰にも読まれないのにとほほ...)