読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっさんのブログ

エンジニアから、編集・ライターになりました。

Agile Japan 2016 レポート

f:id:toyosge:20160602221352j:plain

5/31(火) に行われた「Agile Japan 2016」に行ってきました! 当日は、寝坊をかましたので、午後のセッションのみですが、簡単に記録しておこうと思います。

Agile Japan 2016とは

Agile Japanは、年に1回開催するアジャイルに関するコミュニティイベントです。ここでいうアジャイルとはアジャイルソフトウェア開発のことを指しているのではないかと思われます。

ちなみにwikipedaによると

アジャイルソフトウェア開発 (アジャイルソフトウェアかいはつ、英: agile software development) は、ソフトウェア工学において迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。

とのことです。知らない人にとっても、知ってる人にとってもぐっとこない説明でした。(なぜ載せたんだ俺....)

公式サイトを覗いてみるとAgile Japan開催の意図としては、アジャイル開発に携わる人々をつなげ、情報、想いを共有してほしいというところがあるっぽいです。

公式サイトはこちらです。 AgileJapan2016 以下聞いてきたセッション。

アジャイル初心者とアジャイル熟練者でつくる初めてのリモートアジャイル開発の実態

f:id:toyosge:20160603005714p:plain

スピーカー

内容

関西のチームと東京のチームとでニアショア開発を行ったという事例。インフォコムの嶋田さんが、お客さんへの提案の際にウォーターフォール開発では無理そうだという判断から、今までやったことのなかったアジャイル開発を選択。流石に初めてはやばいだろうということで、アジャイルコーチとして、2015年のアジャイル魂(アジャイルジャパンで配られている冊子)を紐解いて、渡会さんとタッグを組んだとのこと。

全員が顔を合わせた最初のキックオフが良かったということを、何度もおっしゃっていたのが印象的でした。アジャイルをチームにインストールするために半日以上かけて、講義というかワークショップを行ったそうです。インフォコム自体、リモートアジャイルは初の試みだったそうで社内で表彰されたらしいです、今後はメソッドの横展開を予定しているらしいです。

ポイント - コミュニケーションの徹底度

リモートアジャイルを行うにあたって、様々なコミュニケーションツールを駆使して、開発を行っているイメージを受けました。一番衝撃だったのは、skypeが常時接続で、いつでも仕様についての相談などができるという部分。そこまでするのか....とは思いつつ、開発におけるコミュニケーションの重要さを感じました。

スライドより

f:id:toyosge:20160602143355p:plain

スライドはこちらからダウンロードできます。(サイトに行って、pdfをダウンロードしなければならないという....)AgileJapan2016


文化の壁をぶち壊せ!日本でも出来る本物の DevOps ジャーニー!

docs.com

スピーカー

  • 牛尾 剛 氏 マイクロソフトコーポレーション
  • 野澤 英歩 氏 株式会社カラダメディカ

内容

前半は牛尾さんが、アジャイル開発を日本に導入する際の苦労みたいな説明をしてくださいました。Value Stream Mapping という聞き慣れない言葉が途中出てきて、次のセッションでその説明をするとのことだったのですが残念ながら聞けませんでした。んー気になる。

アジャイル開発を導入する前に、海外カルチャーのインストールを まずは be lazyから

USと日本の生産性の違いで 物量の違い ということをおっしゃっていました。物量とは、単に仕事の量の話で、USの人々は、捨てる技術に特化していて、無駄を省くということを徹底して行っていると。一方で日本の人々は、10やらなければならない問題に対して、それをどう効率するかということを考えている。エッセンシャル思考なんかもUS発のマインドですよね、という話をしていらっしゃいました。

牛尾さん自身、日本ならではのアジャイルを導入しようとして苦労されたというお話をされていて、日本の文化の上に、アジャイルやDevOpsというUS発のものをぶちこむのではなく、日本にUSの文化をインストールした上で、アジャイルやDevOpsをインストールするしかないとおっしゃていました。 USの考えとして、60%のパワーを使うという思想、"be lazy" というらしいですが、まずはそれから初めてみようということでしたが、空気を読み過ぎる日本人に馴染むのかというのはどうなのかなと思ってしまいました。


SIerから「はてな」へ/「エンジニア」から「社長」まで役割が変わる中で大切にしたこと・考えたこと

f:id:toyosge:20160603005906p:plain

スピーカー

内容

栗栖さんがSIerから、事業会社に移って、社長になるまでのストーリーと、社長になってからの苦労など。野球のコーチと、社長という役割は案外にているのではないかという話でした。

人間というのは波がある

野球のコーチをやっていて、選手というか人間には波があるということを実感なさったとのこと。僕もスポーツをやっていたので、共感できました。油断して100%のときの自分で見積もってしまうという危険なことにならないようにしようというのも共感できました。IT業界では一般的なwebサービスを駆使して、少年野球をアップデートしている感じとかも面白かったです。

スライドより

f:id:toyosge:20160603000732p:plain

スライドはこちらからダウンロードできます。(サイトに行って、pdfをダウンロードしなければならないという....)AgileJapan2016

スクラムをしっかりやりましょうとか、プラクティスとか手法に集中するのではなくて、サービスが生み出す価値を大事にする、忘れないということ。開発手法オタクにならないように。

ということもおっしゃっていて、アジャイルな手法を盛り込めばいいというわけではなく、適切に、冷静に取捨選択して、取り組むべきだなと感じました。

アジャイルと言わないエンタープライズアジャイル導入

f:id:toyosge:20160603010058j:plain

スピーカー

  • 鈴木 雄介 氏 グロースエクスパートナーズ株式会社

内容

JJUG会長のユースケ氏によるアジャイルと言わないアジャイル開発、導入事例。アジャイルと言わないというのは、アジャイル開発でやりますとか、アジャイル開発だからできますという提案をするというわけではなく、成果を出すために最適化された提案をしたらそれがアジャイル思想的に理にかなったモノであったというような感じ。

3ヶ月は、役員に報告できるようなビジネス成果を出せる期間

正直、聞いた中で一番、具体的なセッションでイメージがしづらかったです。3ヶ月は、役員に報告できるようなビジネス成果を出せる期間ということをおっしゃっていたのですが、今の僕の身分では、ビジネス成果を出すというところの想像力が欠落していて、誰がどうなった状態を指すのかというところについて理解が及びませんでした。ううむ。締りが悪い。

ただ、上にも書いたように、アジャイル開発ならできますということであったり、アジャイルでやりましょうというのではなくて、お客さんの要望に沿った内容がアジャイルの思想にそったものであるっていうのが、いいなと思ったわけです。また今度あった時に聞こうと思います。

www.slideshare.net

懇親会

最近、個人的にJJUG幹事メンバーにジョインしたということもあり、会長に突撃インタビューしてました。GxPのことやら、JJUGのことやら、聞きまくりました。ビックイベントで登壇が続いて疲れている中、丁寧に答えてくださって感謝でした!!!あざす!!

さいごに

アジャイル開発のチームにいるということで、他のアジャイルの事例を聞けるという意味ではとてもいい機会だったなと思いつつも、やはり今はデベロッパー。コードを書いて書いて書きまくるというのが、今後のキャリアを考えたうえでも重要なのかなとも思ってしまいましたとさ。